スモールキーワードを散りばめて集客力アップ

スモールキーワードを散りばめて集客力アップ

成功しそうなキーワードを選ぶでは、主力のキーワードとしてアフィリエイト+副業や、アフィリエイト+内職というキーワードを選び出す過程までについて解説しましたが、これらのキーワードの他にも、まだまだ魅力的なキーワードがありました。今回サイト名には利用しなかった、小さなキーワード(スモールキーワード)についても考えてみましょう。

スモールキーワードを散りばめたコンテンツ

スモールキーワードというのは、あまり検索回数の多くないキーワードを指します。アフィリエイトなどの、検索回数の多いビックキーワードに対して、スモールキーワードと呼びます。このスモールキーワードを、コンテンツの個別タイトルや、文章内に配置することで、サイト名に使用した主力キーワード以外のキーワードでも、効率よく集客をすることが可能です。

AdWordsキーワードツール検索結果例

AdWordsキーワードツール検索結果例

も う一度、キーワードの検索需要について調べた結果を見てみましょう。複合キーワードの属性部分(+α部分)に、まだまだ利用できそうなスモールキーワードが残っていることが分かります。たとえば、ブログ、稼ぐ、比較、初心者、収入、ツールなどです。

これらのまだ利用していないスモールキーワード意識して、アフィリエイトができる無料ブログサービス一覧や、初心者向けASP比較情報アフィリエイトに役立つツールなどのページを作成すれば、足りないキーワードを補完してあげることができます。

キーワードの潜在的ニーズを予測する

サイト名に、副業というキーワードと、内職というキーワードをピックアップしましたが、この2つのキーワードに潜在するニーズについて考えてみましょう。

副業というキーワードを検索エンジンに打ち込むユーザは、どのような人が多そうでしょうか。本業を実際に持っているサラリーマンの方が多そうです。このキーワードでやってくる訪問者は、本業の片手間でおこなえる、お小遣い的な副業収入が欲しい人達ということが予測できます。

内職というキーワードでやってくる人達はどのような人かも考えてみましょう。内職という言葉は在宅ワークに近いイメージから、平日の昼間自宅でできる仕事というのが想定でき、主婦の方が多そうです。このキーワードでやってくる訪問者は、自分の収入源を開拓したい人達、ということが予測できます。

前者のパターンであれば、平日の1~2時間程度の時間で行えるアフィリエイトの紹介、後者のパターンであれば、じっくりと基礎から積み上げて長期的に安定して稼げるアフィリエイトの紹介をすると、訪問者が求めているコンテンツとなりそうです。

上記はあくまで一例ですが、集客する訪問者の潜在的ニーズに狙いを定めた、コンテンツ作りをすることも重要です。

タグ

2009年10月26日 スモールキーワードを散りばめて集客力アップ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: SEO対策

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス