サイトマップ(sitemap.xml)の作成

サイトマップ(sitemap.xml)の作成

各検索エンジンへサイトの登録を行う際に、サイト内のコンテンツ一覧を記載した、サイトマップも一緒に登録してしまいましょう。サイトマップを登録することで、検索エンジンのクローラーに、サイト内の全てのコンテンツに効率よくアクセスしてもらうことが可能です。また、サイトマップを登録しておくと、検索順位の結果や、サイト内のエラー情報などの貴重なデータを提供してくれる場合がありますので、この機会にサイトマップも登録しておきましょう。

サイトマップは少し特殊なファイル

サイトマップと聞くと、訪問者向けに用意されたHTMLで記述されたページ(sitemap.html)を思い浮かべますが、このサイトマップとは別の物で、検索エンジン向けのサイトマップ(sitemap.xml)を用意してあげる必要があります。

当サイトを例にあげると、sitemap.htmlはこちら、検索エンジン向けのsitemap.xmlはこちらとなります。どちらもサイト内コンテンツの一覧を記載しているという点では同じ物ですが、sitemap.xmlの方が、コンピュータには分かりやすそうな表現方法といえます。

sitemap.xmlは、XMLという形式で記述する必要がありますので、それぐらい自分で書けるよ!という強者以外は、無料で利用できる便利なサイトマップジェネレーターを使って用意しましょう。

サイトマップを自動生成してくれるブログツール

ブログサービスの中には、毎日自動でサイトマップ(sitemap.xml)を作成して、コンテンツが変更されるたびに更新してくれる機能が備わったものがあります。この機能が利用できる場合には、サイトマップを手動で作成する必要はありませんので、サイトマップのURL(アドレス)だけ調べておいてください。

ブログサービスを利用しないでサイトを作成している場合や、サイトマップの作成機能が提供されていないブログサービスの場合は、コンテンツ更新の度にサイトマップの作成が必要になりますので覚えておきましょう。

sitemap.xmlの作り方

サイトマップを無料で作成してくれるサービスは沢山あるのですが、XML-Sitemaps.comのジェネレーターが良いでしょう。Google、Yahoo、bingにそれぞれ対応したサイトマップを作成してくれますので、おすすめです。英語サイトですが、直感的に操作できますので特に問題は無いと思います。

サイトマップ作成例1

Starting URLの項目に、トップページのURLを入力して、一番下のStartを押しましょう。その他の項目は特に変更しなくてもいいでしょう。

サイトマップ作成例2

しばらく待つとサイトマップが作成されますので、sitemap.xmlというファイルをダウンロードしましょう。ダウンロードファイルの扱いがよく分からない場合には、下部テキストボックス内を全てコピーしてメモ帳などに貼付け、sitemap.xmlという名前を付けて保存しておけば大丈夫です。

タグ

2009年10月15日 サイトマップ(sitemap.xml)の作成 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: サイト作成後に行うこと

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス