METAタグは記事ごとに固有に設定

METAタグは記事ごとに固有に設定

HTMLソースの<head>〜</head>間にあるMETAタグは、設定に手間がかかるため、見落とされがちな部分ですが、検索エンジンによっては重要視する部分でもありますので、記事ごとに固有のものを設定しましょう。

META NAME=”DESCRIPTION”はページの説明

<meta name=”description”>は、ページの概要説明について記述するMETAタグです。一部の検索エンジンの検索結果にページの説明として利用されたり、検索エンジンからやってくるクローラーに、ページの概要を伝えるために利用します。

そのページの概要を伝えるための部分ですので、ページごとに固有のものを設定しておかなければ、全く意味がありません。全てのページで同じ”description”が設定されているぐらいなら、いっそ書かない方が良いぐらいですので、時間を作って一度自分のサイトをチェックしてみましょう。ブラウザのメニュー内にある、表示タブソースを選択することで確認できます。

Yahoo!は見ている!

Googleは、METAタグの記述は検索結果に影響しないと宣言していますが、Yahoo!の場合は、ウェブサイトの品質ガイドラインに、METAデータについての記述をしています。

Yahoo! JAPANが検索結果に表示されるように努めているのは次のようなウェブページです。

[中略]

タイトルやディスクリプションなどのメタデータ(HTMLののなかの記述)で、ウェブページの内容が適切に記述されているウェブページ。

[引用元] Yahoo!検索コンテンツ品質ガイドライン

ページ内容に合致したタイトルや説明を記述しているページを、Yahoo!は良い品質のコンテンツの条件と定めています、と言っています。

<meta name=”description”>の設定は、サイト構造の基本的な部分でもありますので、各ページの内容をしっかりと表す説明を設定しましょう。

ページ説明の最適な文字数は?

<meta name=”description”>内に記述する文字数は、40文字から80文字(160バイト)程度で記述すると良いでしょう。Googleの場合は、検索結果に80文字迄のページ説明が表示されますので、80文字以内で説明をすることによって、検索エンジン経由の訪問者にも適切にページの概要を伝えることができます。

文字数にこだわるよりは、ページの内容が簡潔に伝わる文章を設定することが大切です。

META NAME=”KEYWORDS”はページのテーマ

<meta name=”keywords”>は、検索エンジンに対して、そのページのテーマを伝えるために利用するMETAタグです。検索エンジン初期の頃には、”keywords”内に検索エンジンで上位表示させたいキーワードを含めることによって、かなりのSEO効果が期待できましたが、関係の無いキーワードを大量に埋め込むスパム手法が流行したため、現在では検索エンジンに、ほとんど評価されない部分となってしまいました。

検索エンジンに評価されないといっても、そのページが何のテーマについて書かれているのかを簡潔に表す部分ですので、余力があればページごとに適切に設定しておくと良いでしょう。

<META NAME=”KEYWORDS”>の書き方

<meta name=”keywords”>内に設定するキーワードは、コンマ(,)で区切ります。

記述例
<meta name=”keywords” content=”アフィリエイト,副業,講座,SEO対策” />

たまにスペースで区切っているページを見かけますが、全てで1つのキーワードと見なされ、全く意味がありませんので、記述の際には注意しましょう。

キーワードの数は9つまで

全く何の根拠もありませんが、キーワードの数は9つまでにしましょう。そもそも、そのページのテーマについて記述する部分ですので、キーワードがあまりにも多いのは、書くテーマについて絞り込めて無いとも言えます。

無理に9つのキーワードを埋める、ということでは無いので注意してください。ページ本文に記述した内容を踏まえて、そのページに合ったキーワードを抽出しましょう。キーワードの数は2つでも、3つでも全く問題ありません。

タグ

2009年10月27日 METAタグは記事ごとに固有に設定 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: SEO対策

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス