サイト内リンクで被リンク獲得

サイト内リンクで被リンク獲得

サイト内リンクは、サイト運営者自身が行える、最も簡単なバックリンク獲得方法です。バックリンクの獲得というと、他のサイトからのリンクである、外部リンクばかりに気をとられがちですが、同じサイト内からの内部リンクも、被リンク数として検索エンジンに評価されますので、しっかりと行いましょう。

内部リンクも評価されている

検索エンジンは、サイト内に張り巡らされている内部リンクを、他のサイトからの外部リンクと同様に重要視しています。

内部リンクが適切に張り巡らされているサイトは、ページ間の移動が容易に行え、利便性の高いサイトであると言えます。また、ページ量(情報量)の多いサイトは、必然的に内部リンクの数も多くなりますので、内部リンクの数はサイト評価の1つの指標になるとも言えます。

実際に、検索結果の上位ほど、内部リンクの少ないサイトは少なく、下位になるにつれて、内部リンクの少ないサイトが多くなる、という調査結果も出ているようです。

[参考] SEO対策リサーチ

同じテーマの記事や、関連記事同士を結ぶ

内部リンクを張る際には、リンクの量だけでなく、リンクの質にも気を配りましょう。同じテーマを扱っている、他のサイトからの外部リンクが有効なように、記事同士のテーマが同じ内部リンクは質が高いものと言えます。トップページやサイドバーからリンクを張るだけでなく、同じテーマの記事や、関連記事同士にもリンクを張り巡らせると良いでしょう。記事間の移動ができれば、訪問者に対しても利便性の高いものとなります。

末端の記事にもリンクを供給

トップページにばかりリンクが集まり、末端の記事になるほどリンクが少ないものです。こういった末端の記事に対してもリンクを張り、ページの評価を高めてやることで、トップページだけでなく、個別の記事が検索結果にヒットする可能性が高くなります。

パンくずリストや、カテゴリページサイドバーフッター部分などを上手く利用して、個別のページに上手くリンクを供給してやると良いでしょう。

リンクのアンカーテキストにはキーワードを含める

内部リンクを張る際には、アンカーテキストにリンクを張るページのタイトルやキーワードを含めましょう。よくありますが、「次の記事へ」や、「NEXT >>」では、せっかくの内部リンクもあまり効果がありません。

リンクを設定する際には、<a href=”http://2uaffiliate.com/xxx.html” title=”サイト内リンク被リンク獲得へ”>サイト内リンクで被リンク獲得</a>や、<a href=”http://2uaffiliate.com/xxx.html” title=”内部リンクの張り方へ”>内部リンクの張り方</a>という形で設定しましょう。

また、トップページへのリンクを張る際にも、「TOPへ戻る」というテキストを使うよりも、「副業アフィリエイト講座TOPへ」とサイト名やキーワードを含めるほうが良いでしょう。

タグ

2009年10月28日 サイト内リンクで被リンク獲得 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: SEO対策

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス