アフィリエイトとは

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、ウェブサイトやメールマガジンなどの広告媒体に、企業の商品広告を掲載して、そこから売上がでれば、その利益の一部を宣伝を行った人に対して報酬として支払うという、広告の一種です。

つまり、商品をどんどん販売したい広告主の代わりに、サイトで商品の宣伝をして売上げに貢献してくれた人には、お礼として報酬をあげますよ!という仕組みのことです。

広告の掲載には提携契約が必要

企業の商品広告を自分のサイトに掲載するためには、広告掲載の提携契約を結ぶ必要があります。提携契約といっても、難しい書類とかが必要なわけではなく、「あなたの会社の広告を私のサイトに掲載したいです」、「おぉ!それはぜひお願いします」という程度のやり取りを行うことで可能です。

この提携関係を結ぶやり方には、広告主と直接提携する方法と、広告代理店を仲介して提携する方法の2種類があります。

前者の直接提携する方式はリンクスタッフを呼びます。リンクスタッフ方式は、広告代理店を仲介しない分、広告の報酬単価が高いというメリットがありますが、広告主を自分で見つけて交渉する必要があるなど、少し手間がかかります。最初は広告代理店を仲介する方法から始めると良いでしょう。

広告主とアフィリエイターを結ぶASP

自分のウェブサイトで宣伝を行いたいアフィリエイター(サイトオーナ)と、自社の商品を幅広く宣伝して欲しい広告主との仲介を行っている広告代理店を、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼びます。

このASPが、契約毎の複雑な管理作業を代行してくれるため、アフィリエイターと広告主は、両者間で直接やり取りを行わずとも、広告活動を行うことができるわけです。

広告主は、宣伝に使って欲しい広告をASPに登録し、アフィリエイターは、ASPに登録されている様々な広告の中から、好きな広告を選んでサイトに掲載するという流れとなります。

アフィリエイトは、ASPの登録利用も含めてすべて無料で行うことができ、空いた時間の片手間でも作業が可能なため、アフィリエイトへ参加するサイトはどんどん増えています。

また、広告を出す企業側にとっても、ポータルサイトやニュース配信サイトへの広告掲載と異なり、売上に応じた分の広告費を支払えば良いため、とても費用対効果の高い宣伝手法として人気が高まっています。

近頃は、食品や生活雑貨といった様々なジャンルの企業も増えていますので、今後も更に活発化しそうな急成長中の業界です。

用語としてのアフィリエイト

一般的にアフィリエイトと言う場合には、上記で解説した広告手法のことを指しますが、用語が使われる場所によっては、アフィリエイト広告を掲載するサイトオーナのことをアフィリエイトと呼ぶことがあります。

ASP(広告代理店)を利用していると良く目にする用語なのですが、ASPによっては、「会員」「販売店」「パートナー」など、独自に異なる呼び方をしている場合がありますが意味は同じです。

また広告主にも、「マーチャント」「卸会員」「ECサイト」「クライアント」など様々な呼び名がありますが、いずれも広告主のことを指している用語ですので、混乱しないようにしましょう。

タグ

2009年10月08日 アフィリエイトとは はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: アフィリエイトとは

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。



«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス