ランディングページの最適化(LPO対策)

ランディングページの最適化(LPO対策)

サイトにやってくる訪問者は、根気良く目的の情報を探してくれることはありません。目的の情報が簡単に見つからなければ、すぐに他のサイトへと移動してしまうでしょう。検索にヒットしたページが、訪問者の求めている情報と一致するように、ページ内容の最適化を行いましょう。

着陸地点を把握せよ!ランディングページ分析

ランディング(Landing)とは着陸の意味。ランディングページで、着陸ページなんて少しかっこよさそうな用語になりますが、ランディングページというのは、訪問者が一番始めに見るページのことを意味します。

検索エンジン経由で集客を行う場合、訪問者が一番最初に見るページは、検索キーワードによって異なります。当サイトを例にあげると、「アフィリエイト講座」というキーワードであれば、副業アフィリエイト講座のトップページが検索にヒットしますし、「ランディングページ最適化」であれば、おそらくこのページがヒットすることでしょう。

検索エンジン経由でのランディングページの数は、そのサイトのページの数だけあると考えてもらっても間違いではありません。まずは、サイト訪問者がどのようなキーワードで、どのページへやってきたのかを把握することが重要です。

キーワードに対してのランディングページは、アクセス解析ソフトを利用して調べることができます。おすすめは、Google Analytics か、リサーチアルチザンです。

Google Analytics でのランディングページ分析例

Google Analytics でのランディングページ分析例

Google Analyticsを利用して分析する場合は、サイドメニューから「トラフィック」「キーワード」と選び、比較する値に「キーワード」「閲覧開始ページ」をセットすれば確認できます。

目的地点はここではない?!再離陸を阻止せよ!

検索エンジンからやってくる訪問者は、何かしらの目的を持ってキーワードを打ち込んでいます。

たとえば、「うまいそばつゆ 作り方」というキーワードで検索したサイトを訪れてみて、そば生地の打ち方については紹介されているけれども、そばつゆの作り方が書いていなかったら、他のサイトへ行ってしまうかもしれません。このような状態では、いくら検索にガンガンヒットするサイトでも、あまり意味がないものと言えます。

当サイトの実例をあげてみますと、「seo対策をしているアフィリエイト可能な無料ブログ一覧表」というキーワードでの検索がありました。

この時のランディングページは、「アフィリエイトに利用できる無料・有料ブログサービス一覧表」という、ブログサービスについて紹介しているページだったのですが、このページはSEO対策をしているかどうかという部分の情報については記載していませんので、先の訪問者は目的の情報を求めに、他のサイトへと旅立ってしまいました。

もし、SEO対策が施されているブログについても紹介していれば、サイト内をもっと見てもらうこともできたかもしれません。

目的の情報を見つけやすくすることが重要

訪問者は隅々までサイト内を見てくれません。「サイト内のどこかに書いてある」では、すぐに他のサイトへと旅立ってしまうでしょう。訪問者の目的の情報を見つけやすくすることが重要です。

ランディングページ内に目的の情報を追記する

先の「seo対策をしているアフィリエイト可能な無料ブログ一覧表」の例では、ブログ一覧表の中に、SEO対策の項目についても追記してあげれば問題は解決しそうです。

訪問者のニーズを汲み取って、ページ内の情報を充実させましょう。

他のページへのナビゲーションを充実させる

ランディングページ内に、訪問者が目的としている情報を追記できない場合には、サイドバーや記事内に、関連項目としてナビゲートしてあげると良いでしょう。

「うまいそばつゆ 作り方」の例では、そばの打ち方を紹介しているページ内の見えやすい位置に、「そばつゆの作り方」のリンクを張れば、訪問者はストレス無く情報を見つけることが出来そうです。

キーワード広告出稿時のページ最適化は必須項目

Google AdWordsや、Yahoo!スポンサードサーチなどのキーワード(リスティング)広告では、ランディングページの最適化は必須項目です。

様々なキーワードを購入して広告を出稿しても、クリックされたページが訪問者のニーズと異なるページだった場合は、ただのお金の無駄遣いとなってしまいます。

「輸入インテリア家具」というキーワードを購入して、クリック先が「和箪笥」の紹介ページだったら、あまりコンバージョン(成約率)は良くないでしょう。

リンク先を輸入家具の紹介ページに設定するか、トップページへ集客する場合には、一目で見つけられる位置に、輸入インテリア家具へのナビゲーションを設定するなど、ランディングページの内容を訪問者のニーズと合致させることが重要です。

タグ

2009年11月20日 ランディングページの最適化(LPO対策) はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: SEO対策

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス