プロフィールページを公開しよう

プロフィールページを公開しよう

サイト運営者の情報を記載した、プロフィールページを作成することで、どんな人がサイトを運営しているのかを訪問者に対してアピールすることができます。

プロフィールページの効果

プロフィールページ(運営者情報)の公開は必ずしなければいけないということではありませんが、ページを用意しておくことで、訪問者の関心や共感を得ることができ、サイトの信頼度向上に役立てる効果が期待できます。

例えば、家具などを紹介している物販系サイトを運営している場合、お洒落なインテリアに凝っているということがわかるプロフィールページを用意すれば、プロフィールを見た訪問者は、「インテリア好きの人が紹介する商品なら試しに購入してみようかな」と、紹介している商品にも興味を持ってくれるかもしれません。

また、プロフィールページには、画像も載せたほうが効果的です。運営者の写真を掲載することで、文字のみで紹介を行うよりも、サイトへの印象が強く残ります。掲載する画像は、本人の写真が一番良いと思いますが、ネット上に写真を掲載することに抵抗のある方は、似顔絵のイラストなどでも良いでしょう。出来るだけ人柄や、特徴を捉えた画像を用意しましょう。

尚、動物の画像やぬいぐるみ画像の掲載はNGです。(ペットなどテーマによっては大丈夫です)。私の経験では、サイト運営者の欄に本人と全く関係の無い画像が載っていると、サイト自体に興味が無くなってしまいます。当然、別の人の画像を使うのもNGですよ。とあるジャンルのサイトでよく見かけるのですが、プロフィールに女性の写真を掲載して、実際に運営しているのは男性というサイトに出くわすと、「燃えてしまえ!」と率直に感じてしまいます。せっかく訪れてくれた訪問者の反感を買ってしまっては、一生懸命に作成したプロフィールページも、全くの逆効果になってしまいますので注意してください。

似顔絵イラストについては、自分で作成できない場合には、無料の作成サービスを利用すると簡単に作成できます。以下に、無料作成サービスと、参考になるサイトをいくつか紹介しますので、興味があれば確認してみてください。

似顔絵イラストメーカー
名刺やブログに使える!?無料で似顔絵を作成できる12のサイトを試してみた!
Mixiのプロフィール写真にいかが? 似顔絵ジェネレーター9サイト

プロフィールページは意外と見られている

作成した本人は、自分のプロフィールなんて誰も見ないのでは…?とも思いがちですが、実際には、かなり参照率の高いコンテンツのようです。私が運営している別のサイトのアクセス解析の結果ですが、新規訪問者の1/5(約20%)程度が、プロフィールのページを見ているようです。もちろん、プロフィールの配置場所や、サイトの扱う内容などにもよって、プロフィールの参照率は変わると思いますが、比較的良く見られるコンテンツである、という部分は覚えておいて損はないでしょう。

タグ

2009年10月13日 プロフィールページを公開しよう はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: アフィリエイトを始めよう

このページをブックマーク!

このコンテンツが気に入ったら
ソーシャルブックマークにぜひ登録を

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

人気ランキング

応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ 人気ブログランキングへ

アドセンス